トップ >  "股"関節について >  主な股関節の障害

主な股関節の障害

変形性股関節症とは

健康で正常な股関節は、歩いたり、ひねったりするとき、関節軟骨がクッションとなり痛みを生ずることはありません。しかし、若いときには柔らかく滑らかだった軟骨も、加齢によりだんだん硬くなり、クッションの効果が失われてしまうことがあります。その結果、ひどい場合には軟骨が擦り減り、骨がこすれて痛みを生じてしまいます。これが、変形性股関節症です。お薬などでも治療が可能ですが、症状がひどく日常生活に支障がある場合などは、人工股関節置換術が必要となります。 変形性股関節症は、50歳前後から増加し、70歳代後半がピークとなります。また、どの年齢層においても女性の方が多いとされています。

変形性股関節症

kn_26.gif
  1. 軟骨の下の骨が硬くなってくる
  2. 骨にとげができてくる

関節リウマチとは

関節リウマチは、股関節の潤滑油ともいうべき関節液をつくる滑膜が炎症を起こすことから、痛みや腫れを引き起こすもので、症状が悪化すると骨が変形してしまう場合もあります。治療は、お薬や注射を使って、全身的に行うことが重要ですが、関節が壊れてしまうなど症状がひどくなった場合には、人工股関節置換術をおこないます。

  • 関節全体が狭くなり、凹凸ができてくる
  • 骨が弱くなってくる

人工股関節置換術は

kn_30.gif

人工股関節術は年間に数万件行われている手術で、手術を受ける患者さんのうち、変形性股関節症と関節リウマチが原因となっているのが、全体の90%以上を占めています。また、男性よりも女性に多く見られます


患者様の声・体験談
14_ext_01_0_S.jpg

術後の腫れの早期回復でリハビリ通院も不要に。

23_ext_01_0_S.jpg

今の夢は、富士山に登ること。