トップ >  Q&A

Q&A

キーワードから検索

保険は使えますか?

人工関節置換術の手術は公的医療保険の適用になります。通常3割が患者さんの自己負担となりますが、年齢や所得等に応じて負担の割合は変化します。また、入院に際し、例えば個室使用や食事代等で差額が発生した場合は、その分は追加で自己負担となります。
 差額の自己負担額に対する給付を受けることが出来る民間の医療保険もありますが、その額や内容は保険会社やプランに応じて異なりますので、保険会社へお問い合わせ下さい。

人工関節の手術に必要な費用はどのくらいですか?

一般的に総額で100~200万円程度必要だと言われています。人工関節の手術を受けるにあたっては、人工関節の手術費用と入院費用の双方が必要となります。また、手術費用に関しては、手術の箇所や使用する人工関節によっても異なります。詳しくは通院先の医療機関にご相談下さい。

手術後何日位で退院できますか?

手術の内容や、術前術後の患者さんの状態によって異なりますので、一概に何日とする事は出来ません。しかし、あらかじめ「クリニカルパス」という標準的なスケジュール表が用意されている場合があります。「クリニカルパス」には入院中に必要な検査や、手術後のリハビリ、退院後の注意点等が記載されており、入院中に行われる医療行為に対する理解が深まることが期待できます。詳しくは、主治医の先生にご相談下さい。

高額療養費の現物給付、とは何ですか?

加入先の保険組合などから「健康保険限度額適用認定証」の発行が受けられます。あらかじめ入院先の医療機関に提示することにより、窓口での支払を自己負担限度額に留めることが出来ます。これは入院に限らず、外来診療に対しても適用になります。交付の手続きに関しては、ご加入の健康保険組合や市町村などにお問い合わせください。

窓口で支払った費用が返ってくると聞きましたが?

公的医療保険の制度に、高額療養費制度があります。高額療養費制度とは、医療機関の窓口で支払った額が一月あたり一定の額を超えた場合に、その超えた額の支給を受けられる制度です。支給額、すなわち、最終的な自己負担限度額は患者さんの年齢や所得に応じて変化します。また、複数回の支給や世帯内の合算など、更なる軽減の仕組みがあります。詳しくは、厚生労働省ホームページの「高額療養費制度を利用される皆様へ」の欄をご参照下さい。

人工関節の手術を行うことが出来る施設数は全国にどれ位ありますか?

現在人工関節の手術は全国の多くの医療機関において行われております。関節の疾患は、主に整形外科によって診断と治療が行われます。参考として、2007年の厚生労働省統計によると整形外科を標榜する病院数は計5,124で、病院全体の65.8%でした。

人工関節の手術はどの様な施設で行う事が出来ますか?

人工関節置換術は厚生労働大臣が定める下記の施設基準に適合しているものとして地方厚生局長等に届け出た医療機関において行われた手術に限り、本件診療と認められます。(平成20年厚生労働省告示第六十三号)
・緊急事態に対応するための体制その他当該療養を行うにつき必要な体制が整備されていること。
・当該保健医療機関内に当該療養を行うにつき必要な医師が配置されていること。
・当該手術の一年間の実施件数を当該保健医療機関の見やすい場所に掲示していること。
・手術を受ける全ての患者に対して、それぞれの患者が受ける手術の内容が文書により交付され、説明がされていること。

どれ位で退院できますか?

人工関節置換後の歩行開始時期は、術前の疾患の度合い、手術の内容、術後の患者さんの体調等、様々な要因が影響すると考えられるため、一概に決めることは出来ません。

どのような状態の人が人工関節の手術をしなければいけませんか?

一般的に、変形性関節症、リウマチ様関節炎、関節骨壊死などの疾患を抱える方が人工関節置換術の適用とされています。しかし、これら疾患を抱える患者さんが必ず人工関節置換術を受けなければならないという訳ではありません。人工関節以外にも、患者さんの抱える病変の度合いなどに応じて様々な治療法があります。治療の選択肢や方針などに関しては、主治医の先生とよくご相談されることをお勧め致します。

関節炎の痛みとはどのようなものですか?

関節炎の痛みを文章で表現することは難しいですが、本ウェブサイトに人工関節置換術を受けた患者さんのお話を掲載しておりますので、ご参照下さい。

時間はどれ位かかりますか?

人工関節の手術に要する時間は、原疾患、手術部位、患者さんの体調など様々な要因に影響されるため、一様ではありません。本ウェブサイトに人工関節置換術の経験が豊富な整形外科医のお話を掲載しておりますので、ご参照下さい。

麻酔は全身麻酔ですか?

麻酔には大きく分けて局所麻酔と全身麻酔とがあります。人工関節の手術の際に使用される麻酔の種類は、医療機関や先生の考え方によって異なります。詳しくは、主治医の先生にご相談下さい。

患者様の声・体験談
14_ext_01_0_S.jpg

術後の腫れの早期回復でリハビリ通院も不要に。

23_ext_01_0_S.jpg

今の夢は、富士山に登ること。